周囲を振り回す命式

算命学解説

最近は他人の言動からどの天中殺に属する人なのか、位相法や人体図が浮かんでくるようになりました。実は先日、かなりの困ったちゃんに出会いましたが、「この人は四正の天剋地沖もちの身強だろうなあ・・・」と思っていたらビンゴ!な命式の方を紹介します。

龍高星天馳星
貫索星車騎星 車騎星
天禄星 車騎星 天馳星

前回、子丑天中殺の「乙卯」の方の命式を紹介したのですが、またしても 子丑天中殺の「乙卯」 さんでした。今年は丑年ですから、 子丑天中殺さんの言動が気になるのでしょうかね。。。

彼女は20代後半の女性です。既婚で2年前にお子さんを出産していますが、出産時にお子さんが仮死状態で生まれ脳性麻痺となり、お子さんは知的にも身体的にも重度の障害をお持ちです。出産時はお子さんを育てる自信がなく、施設に入れたいとの希望もあったようですが、今はご自身でお子さんを育てています。ですがかわいいと思えなかったり、未だにお子さんを受け入れることが難しいようです。

陰占の特徴としては、四正の天剋地沖があります。年柱と日柱、月柱と日柱に二重に対沖があり、日支は二重に打たれています。また殺印相生格(一点破格)があり、日支の乙(貫索星)が破格の守護神です。陽占の特徴では、車騎星が3つあり、天馳星が2つ。この命式の方は、一歩間違うとかなりの壊し屋になりやすいです。 地支が四正 の方は性格がはっきりしていて、それでいて二重の対沖で一つは天剋地沖。壊れてる破の部分は貫索=自我。攻撃力のある車騎星が3つで、天馳星は瞬発力。自分の意に沿わないと相手の状況や時間関係なく自分の要求を押し通し、時には罵詈雑言も吐き、それでいて相手に依存するような方です。

実際に上記のような彼女の言動に周りは振り回され、疲弊しています。お母様曰く、待望の女の子の誕生だったとのことで、小さい頃は相当甘やかして育ててしまったそうです。このような命式をもつお子さんの場合、厳しく育て、人の痛みがわかる大人になるよう育てるべきでした。車騎星の消化の仕方でも説明しましたが、車騎星が3つもあり瞬発力のある天馳星が2つもあるなら、スポーツをさせて自分の限界を超えても負けないような精神力の強さを身に付けていれば、障害を持ったお子さんを持ったとしても、どうやったら自分で育てていけるだろうかと考えたはずです。命式に28元の中にも鳳閣星、調舒星なく子供のエネルギーがない命式ですので、子育てがしづらいのは当然なのですが、車騎星は、「自分の力でやりたい!」という星ですから、持ち前の負けん気で努力をしたはずだと思います。彼女は完全に陰転している状態ですね。

天剋地沖を命式に持っている方は周りのエネルギーを奪って宿命を消化していきます。特に四正の場合はその傾向が強くでます。自分の命式が弱い場合は、 天剋地沖 かつ陰転している人との交流は避けることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました