なぜ子丑天中殺さんは陰転しやすいの?!親元を離れる宿命

算命学解説

今年は丑年で、子丑天中殺グループの方たちは年運天中殺ですね。あと少しで天中殺が明けます。

昔から私の周りで陰転しているなあ・・・・と思われる方はほとんど子丑天中殺さんたちでした。
初代運の子丑天中殺グループは自力運です。親と目上を頼らずして自力で運を開く宿命にも関わらず実家から離れない方が多いんですよね。本当に不思議です。
そして陰転している子丑天中殺さんたちは、判で押したように、親から離れられないことを言い訳したり愚痴をこぼしていることが共通点です。自分らしく生きていないので不満がたまっているのでしょう。子丑天中殺さんは自力運のため、みなさん身強ですからパワーはあるのです。親の力を頼っていてはエネルギーの燃焼不足になってしまい、人生の後半は苦労するでしょうし、自分の人生を生きている感覚がなくなっていくでしょうね。

ここで皆さんと一緒に、宿命通りに生きてない子丑天中殺の方の陰転例をみていきましょう。

子丑天中殺 1988年6月29日生まれ 33歳女性

龍高星司禄星天南星
貫索星鳳閣星 司禄星
天禄星 司禄星天貴星
年齢西暦干支十大主星十二大従星
8歳1996丁巳鳳閣天恍
18歳2006丙辰調舒天南
28歳2016乙卯貫索天禄
38歳2026甲寅石門天将
48歳2036癸丑龍高天堂天中殺
58歳2046壬子玉堂天胡天中殺
68歳2056辛亥車騎天極
78歳2066庚戌牽牛天庫
88歳2076己酉禄存天馳
98歳2086戊申司禄天報
命式の特徴

●最身強
● 金質なし(車騎星、牽牛星なし)
● 卯辰の害
● 従生財格一点破格(日支破格 / 破の守護神「乙」—貫索星)
● 調候の守護神—癸(龍高星)/忌神—戊(司禄星)
● 食録神格


エネルギー:239
車幅:94
スピード:0.39

問:この方が命式通りに生き、陽転するポイントはどこにあると思いますか?

答え:この方の命式の陽転ポイントは、親元を離れ、人生の前半で苦労をしているかどうかです。


最身強でエネルギー値も高く忌神(戊-司禄星)が多いため、お金、愛情、家庭環境(特に戊である父親で苦労する)で苦労し厳しく育てられ、親縁が薄ければ(子丑天中殺)人生は明るくなりますが、もしそうでなければ残念ながら陰転確実です。

少なくとも親元を30歳までに離れていなければいけません。 28歳からの3旬目の大運で「乙卯」が廻り、独立を意味する貫索星がきますし、そして日柱律音です。また30歳は誰しも巡ってきますが、年柱は納音です。親の場所である年柱に納音が来るときは、親離れの最終ラインです。

そしてこの方は 「従生財格一点破格 」というスケールの大きい命式ですので、この格を稼働させるには、破格の守護神である日支の「乙」貫索星をつかわなくてはいけません。貫索星の意味は「独立独歩」です。その意味でも破格の守護神の「乙」が巡ってくる大運3旬目の「乙卯」では、親元を離れ独立していることが必須になるわけです。この大運は 破格の守護神の「乙」 が巡ってくることから従生財格の運勢の結果がでる大運ですので、独立するだけでなく更に運勢を伸ばすためには、破格の場所である日支、配偶者の場所を埋める必要があり、結婚していると尚良しです。循環法でみても、貫索星→鳳閣星→司禄星と西方の貫索星が始星ですから、結婚し西方が埋まると人生の目的が定まり稼働していきます。

ただ、配偶者を表す金質(牽牛星、車騎星)が一切ない命式ですので、本人は結婚に興味がないかパートナーを見つける気がないかもしれません。そこがネックです。

実際のこの方の環境はどうかというと・・・・
ご両親が健在、年の離れた兄(結婚し遠方に在住)が二人おり、末っ子の彼女はご両親の愛情を一身に受けて未婚のまま今でもご両親とともにヌクヌクと暮らしています。派遣社員として働いてはいますのでニートではありませんが、おそらく月収は一人暮らしをできるほどではないと思われます。
お弁当を毎日母親に作ってもらい、雨が降れば職場に母親が車でお迎えに来たり、家にお金は一切入れていないため自分の給料は口座に貯まりっぱなしで、自身の月収すら把握していない状況です。生活のためにお金を使い管理する必要がないため(つまり家計管理不要)、把握する必要がないのでしょう。

司禄星を沢山命式に持っているので、貯蓄は大好きでしょうね。循環法でも帰星(人生の目的)は司禄星ですのでなおさらです。お金を貯めることが趣味かもしれません。そんな彼女は、他人から貰い物をしても決してお返しはしません。ひたすらお金を貯めているのでしょう。ここまでくると守銭奴だと思います。命式に「食録神格 」を持っており、食べることには苦労しないはずなので、 守銭奴 になるまでお金を使わないのはどうかと思います。

司禄星が3つある方は、気が利き要領がよく、頭の回転も早く世渡り上手で堅実のはずなのですが、陰転気味の方というのは、星のもつプラスの意味が薄れ、マイナスの要素が表出しているように思います。

一見すると、彼女の人生は何不自由ない生活で恵まれており幸せそうですが、最身強の子丑天中殺さんにとってこのような環境は、宿命が未消化になるためプラスには働きません。実は人生の前借りをしている状態です。後からその大きな借金の返済をしていくような人生になると思われます。

世間一般のものさしでの幸せと、算命学の観点からみた幸せはこのように異なるわけです。動乱の世の中であれば、子丑天中殺さんたちの宿命が消化されるような環境が転がっていたのでしょうが、平和な世の中ですと、宿命が消化できるような環境が整わないため、陰転している子丑天中殺さんが多いのかなあ・・・・と思う次第です。

子丑天中殺さん!是非、親元を離れて自力で生きる志をもって人生を歩んでください!

タイトルとURLをコピーしました